福原

神戸が誇るソープ街、全国的に有名な高級店がいくつもある。古くは平氏政権の福原京で知られる地名。
現在は兵庫県神戸市兵庫区福原町(ふくわらちょう)という地名があるが、福原町は明治以降に付けられた地名で福原京とは直接の関係はない。現在の福原町はソープランドが密集している地区として有名である。
長く福原には家具店が密集していたが、昨今のライフスタイルの変化や不況のあおりで廃業を余儀なくされる店舗が続出している。

明治元年(1868年)、現在の神戸駅付近で福原遊郭が開設。明治5年(1872年)、鉄道敷設により現在地の旧湊川右岸の福原町に移転。最盛期に貸座敷(妓楼)106件、娼妓903人、芸妓の検番(芸妓、料理屋を統括する場所)として大規模を誇った「共立検」には200人以上の芸妓がいた。しかし、神戸大空襲で焼失、戦後は赤線に移行、1958年の売春防止法で遊廓廃止。現在はソープランド等の性風俗店がひしめく歓楽街となった。[wiki]


大きな地図で見る

カテゴリー: 兵庫県, 福原

雄琴

橋本忍のカルト映画『幻の湖』の舞台ともなった雄琴温泉。琵琶湖のほとりにあるこのソープ街は大阪や京都から来る客が多い。
雄琴の駅からはだいぶ離れているが、駅から電話をすれば迎えに来てくれる。

昭和30年代以降に温泉街の南側に形成された風俗街(特殊浴場群。いわゆるソープランド街)は、神戸市福原と並ぶ関西屈指の風俗街として男性団体客の集客に一役買っていたが、一般の行楽・観光客誘致の障害となっていた。風俗街は雄琴港より南側のごく一部の地域であり、温泉街とは明確に線引きされ、一般客が宿泊・保養を楽しむ分には問題はない。また風俗街の特殊浴場に雄琴温泉の源泉は引かれておらず、温泉としての関連性はない。[wiki]


大きな地図で見る

金津園

岐阜駅から徒歩5分!技術と歴史を誇る色街

岐阜駅の目の前に広がるソープ街、金津園。昼間は廃墟のような雰囲気だが、夜になると煌煌と輝くネオンと愛知ナンバーの車で華やかな賑わいを見せる。
金津園が初めてなら、ソープ街のど真ん中にある喫茶店で情報を集めると良い。そこは団体客の待ち合わせ場所として使われているので、常に新鮮な情報が手に入る。マスターが紹介もしてくれるが、多少割高になるかも知れない。
金津園はソープ技術に定評があり、吉原の新人社員が研修に来るらしい。また、幻のスケベ椅子と呼ばれる、分娩台のような設備がある店もあり、古くからのソープ技が今も息づいている。

古くは1888年(明治21年)、稲葉郡上加納村字金津に開かれた、金津遊郭が始まりである。後に柳ヶ瀬の西柳ヶ瀬に移転する(当時58軒あったという)。太平洋戦争時、この地に軍需工場を建設するため岐阜市東中島付近に強制移転される。整然とした地割上に急造されたが、バラック造りの風情がないものだったという。戦後ここは、手力特殊喫茶街と呼ばれるようになる。
1950年(昭和25年)10月15日、当時の国鉄岐阜駅南口の紡績工場跡地に一斉移転。この時業者は60軒あり、場所取りはくじ引きの上決められたという。この時1軒あたりの広さは63坪にきっちりとわけられた(現在も各店の敷地面積がほぼ同じなのはこの名残)。その後赤線地帯を経て、ソープ街になったものである。[wiki]


大きな地図で見る

北銀座

駅を東口から出て、大宮銀座通りの北にある地域が、「北銀座(キタギン)」と呼ばれる地区である。大宮のソープ街。ちょうど大宮宮町郵便局の裏手あたり。

埼玉県道2号さいたま春日部線の陸橋大栄橋の北であり、銀座通りからは少し東へずれたところに北銀座通りの入り口がある(よく勘違いされるが、銀座通りから続く道は「平和通り」である。もっともどちらも風俗店につながっている)。[wiki]


大きな地図で見る

桜町

男の夢ゾーンは桜町一帯、郷愁を誘うザ・イバラギ!!

土浦市(つちうらし)は、茨城県の南部に位置する市であり、隣接するつくば市とともに国際会議観光都市(国際会議等の誘致の促進及び開催の円滑化等による国際観光の振興に関する法律」に基づき認定された都市)に、またつくば市及び牛久市とともに業務核都市(東京圏における超過密問題の解決を目的として、一極依存型の回避を目的に業務機能を柱とする諸機能の適正配置の受け皿となるべき都市として、指定された都市)指定されている。

その土浦駅から国道24号線を西へ少し向かい、通りから桜町を一本裏に入れば、そこが土浦の大人の街だ。

桜町二丁目は北関東最大の風俗街(ソープランド)となっている。桜町二丁目の風俗街の起源は、明治時代の花街であり、中城天満宮境内で毎年3月に開かれていた駒市でのウマの売却益を男性がここで散財したという。

桜堤の北西一帯は土浦の歓楽街で、かつて遊郭ではなかったが戦後は赤線地帯だったらしく、カフェー調の建築がまだ街並に残っているらしい。

 

大きな地図で見る

新潟

古くは北前船の寄港地として古くから栄えた歴史ある都市、新潟。地方都市の中でも有数の規模を誇る街だ。
と、なれば自然とネオン輝く街並への期待も大いに膨らむというもの。
到着そうそう、記者が軽く情報収集をしてみると予想通り、新潟駅近辺は界隈でも有数の風俗エリアだったのだ。
業種としては、駅前にいくつも建つビジネス系ホテルには数十店鋪ものデリヘルが出張準備万端。

そして繁華街はというと、ヌキ処は駅の北口(万代口)に点在していて、駅を背に東と西にまんべんなくあるようだ。
西側には比較的飲食街が集中していて、キャバクラなどの客引きも行われている。

しかし、その分タチの悪い若者この界隈には多く、初めて訪れた観光客は「ガラが悪い地域」という印象を受けてしまうかもしれない。
一方、駅の西側は薄暗い路地に何件もサロンが建ち並ぶヌキスポット。

どうやらご当地はピンサロが盛んなようで、ポン引きのおっさんが多く、それに紛れてアジアンエステの韓国人なんかも目にすることができる。
駅前に宿を取った場合なら、この東西のエリアに足を運ぶだけでまず遊びに困ることはないだろう。
深夜ならデリヘルも営業しているので、即座に快感へと誘ってくれるはずだ。
しかし、もっとディープな新潟遊びをしたいなら、実は駅から離れたとある一画真の「新潟流」を体験できる男の桃源郷が広がっているのだ。

JRの万代口から徒歩で2~30分。バス通りを日本海に向け直進していくと、信濃川に架かる万代橋が現れるのだが、
実はこの先にある「ふるまちモール」界隈こそが新潟の真の歓楽街なのだ。駅前を遥かにしのぐ飲み屋の数。
キャバクラ嬢が元気良く客を引く光景は、かつての歌舞伎町を思わせるほどだ。もちろんヌキ処もある。
さすがに性感ヘルスを大々的に謳う店はないが、ソープやサロン、韓国エステなどがこれでもかと目に留まる。

そして今回、記者が体験した「新潟流」の名店をご紹介しよう。
駅から続く東大通りから古街度檻を一本超えた西側に折れる細い路地。そこはちょっとしたソープ街になっているのだが、数件の小さなサロンもある。
そこは表向きはピンサロだが、実は格安でマル秘サービスを提供してくれる「新潟流」の見せだったのだ。
午後10時を回った頃、当日は雨ということもあってか、路地には人通りもまばら。するとサロンの客引きらしきおっさんが声をかけてきた。
「今日は特別!コレでいいから遊んでいってよ、お兄さん」
おっさんが言う「コレ」とは人指し指1本。つまり大1枚ということだ。

ピンサロでその値段は高過ぎると一蹴しようとすると、おっさんは腕を掴んでこう続けた。
「特別って言ったろ?最後までいいよ。とにかく来なって!」
かなり強引に店内へ連れ込まれ、仕方なく前金で支払う。店内は場末のパブのようになっていて、客は記者だけのようだ。
(このだだっ広い空間で本○させる気かよ…)

そう思っていると、おっさんは店内の奥にある小さな扉の前に記者を連れていった。中は畳み二畳分ほどの薄暗い空間に布団がひとつ。
その上には全裸のお姉さんが座っていた…。
つまりここはサロンとは名ばかりの一発屋。普段がどうなのかは不明だが、この日に限って言えば売春宿として営業されていたのだ。
相手の顔は暗くてよく見えないが、肝心のサービスはなかなか濃厚でビックリ。
おしぼりから生フェラ、そしてゴム姦と不衛生さは否めないものの、女の本気度はかなりのもの。
全身をベロベロ舐め回され、ズッポシ挿れると本気のアエギ声が部屋に響く。
料金は最初の話通り1万円ポッキリ。安く本○をしたいなら、多少苦労してでもこの「新潟流」を是非オススメしたい。

三条

DSC04417.jpg

新潟県三条市。位置的には長岡市などと同じ中越として分類されるらしいが、多くのケースで新潟市よりの下越として位置づけられることが多いらしい。新潟市からも高速で30分程度で行くことが出来る。

DSC04418.jpg

燕市と隣接し高速道路では三条燕IC、上越新幹線の停車駅では燕三条駅がある。産業は金物の工業が世界的にも有名。また、人口比での社長の割合が日本一多い町らしい。2004年には、新潟・福島豪雨(7・13水害)や新潟県中越地震(新潟県中越大震災)などの天災により経済的なダメージも大きく受けた。

DSC04419.jpg

あちこちに昭和の面影が残っている。2001年までは三条競馬場にて地方競馬が開催されていたが、経営の悪化により閉鎖、競馬場は新潟・福島豪雨(7・13水害)の時は廃棄物置場としても利用されたらしい。

DSC04420.jpg

町の至るところで見かけた「カレーラーメン」ののぼり。どうやらカレーラーメン発祥の地が三条と言っているらしいが、他にも千葉起源説や北海道起源説などもあるらしく、どれが本当の発祥かは定かではないらしい。

DSC04421.jpg

本寺小路と呼ばれる歓楽街は東別院と共に元禄16年(1703)に出来上がった。その後東別院は文政11年(1828)三条地震で倒壊、明治13年(1880)糸屋火事で全焼と2度無くなっているが、現在の本堂が明治41年(1908)完成。旅籠(はたご:食事の給仕のほか、夜の接待をする飯盛り女を置く宿)が並ぶ宿場町として風俗が発展していった。

DSC04422.jpg

かつての繁栄?をうかがえる看板。今は無き風俗店でしょうか。さすがにその奥に足を入れる気にはなれませんでした。

DSC04423.jpg

スナックや飲み屋などは今でも健在。いわゆる歓楽街としてのテイストはまだまだ残っています。ちなみに三条市で栄えているのは三条駅周辺ではなく、東三条駅周辺らしいです。

DSC04424.jpg

無料案内所を発見。夜の街を遊ぶのであればここに立ち寄るのもひとつの手かも知れません。

宇都宮

utsunomiya001.jpg

北関東最大の都市として栄える宇都宮。
この街で遊ぼうとするときには、JR宇都宮駅と、少し離れた東武宇都宮駅の周辺が主な繁華街となっている。

utsunomiya002.jpg

餃子の街として有名な都市だが、実はここ宇都宮はどう頑張っても遊べてしまうほど風俗が盛んな街でもある。

utsunomiya003.jpg

セクシーパブや韓国エステ、ニューサロンなど業種も豊富で、「今日はまっすぐ家に帰ろう」と決心していても、それを粉々に砕いてしまうほどの魔力がたっぷりとつまっているのだ。

utsunomiya004.jpg

記者がオススメするのは、やはり本番をメインに餃子屋での精力回復を挟んだ抱き歩きコースだが、飲みをメインにキャバクラで勢いをつけるも良し。
欲求が有り余っている方は、まずピンサロでガス抜きをしてから…という手だって簡単にできてしまうのだ。

utsunomiya005.jpg

ちなみにキャバクラやピンサロなどオーソドックスなネオン遊びならば、東武宇都宮駅周辺の繁華街、「泉町」が最適。
ピンク系ではない居酒屋も多数存在しており、多くの地元サラリーマンで賑わう定番の盛り場だ。

utsunomiya006.jpg

ここだけでも充分に宇都宮の夜を楽しめなくもないのだが、裏風俗を巡るならば、一見活気の少ないJR宇都宮駅周辺が狙い目だ。
遠くからでも目につく巨大なキャバクラの裏手。細い路地の両側にポン引きの集団がたむろしており、これでもかと声をかけてくる。

utsunomiya007.jpg

何人かに話を聞いてみたところ、料金はだいたい30分1万2000円程度が相場だった。
これほどの低料金ならば2軒遊んで餃子を食べたとしても、財布の中身にかなりの余力が残るのが嬉しいところだ。
もちろん記者が宇都宮風俗を満喫したのは言うまでもない…。

泉町

DSC01657.JPG

東武宇都宮駅前。半蔵門線と東武伊勢崎線が繋がったのもあり、今では東京のど真ん中まで一直線に向かうこともできる便利な電車になった。宇都宮の繁華街の真ん中にある駅だけに駅周辺もにぎやかだ。

DSC01658.JPG

119号の大通りから路地を抜けて北に歩く途中にあるスナック街。繁華街の匂いがする。

DSC01659.JPG

見事に繁華街を発見。大通りから一本は行った裏路地とでも言うのであろうか?知らない観光客はお目にかかれないような隠れた場所にキャバクラやスナック、
バーなどが密集する地域がある。ただ、心なしかつぶれているビルやテナント募集の看板も目立つ。立地的なものも要因なのだろうか?

DSC01660.JPG

ここが泉町通り。知る人ぞ知る夜遊びスポットである。もちろん案内所もあるし、夜になればにぎやかになるであろう雰囲気をかもし出している。

DSC01661.JPG

こうやって見てみると少し力の抜けた感じもするが夜になればまた華やかな明かりを取り戻すのだろう。通りの入口には案内所も見える。

DSC01664.JPG

かつては宇都宮大明神と呼ばれたらしい二荒山神社。日光にもあるふた荒山神社は区別する為に日光二荒山神社と呼ばれているらしい。宇都宮はこの二荒山神社の門前町として発展してきた。宇都宮という地名はここに由来するものらしく、一宮(いちのみや)の訛りという説、遷座したことから「移しの宮」の転という説、「二荒山の神の現宮(うつつのみや)」という説など諸説あるらしい。

DSC01667.JPG

二荒山神社からここ宇都宮の中心街を眼下に見下ろすとそこにはPARCO。ちなみにこのパルコのすぐ目の前にある「長崎屋」はかなりデカイ。会社更生手続はしたものの、現在は親会社にドンキホーテが入って会社的には大丈夫らしい。

DSC01673.JPG

いわずと知れた宇都宮でもかなり有名な「みんみん」連日行列ができるほどの大人気店。ちなみに宇都宮市馬場通りにあるココが本店らしい。他にも有名なのが「正嗣」。こちらは1人前が 200円。しかもインターネットで通販もやっているお店。ちなみに正嗣でライスを注文しようとすると「みんみんに行ってくれ」と言われるらしい。正嗣にはライスは無いらしい。

DSC01672.JPG

メニューには焼き餃子、揚げ餃子、水餃子(各240円で6個)があり、ライス、ビールなどもある。ライスは焼き餃子、ビールは揚げ餃子といったところだろうか。自分的には水餃子の食べ方がいまいち分からない。たれをつけて食べるのか?それともつけずに食べるのか・・。

長野

DSC02216.jpg

日本の都道府県の中でも第4位の面積を誇る長野県ではあるが、盆地・山が多いため、可住地面積は少ないらしい。善光寺の門前町として発展し昔ながらの街並みもいたるところに見られる情緒ある街である。

DSC02217.jpg

長野新幹線は1998年の長野オリンピックの開催に合わせて開業し、東京へのアクセスはかなり良くなった。ちなみに正式な名前は、北陸新幹線らしいが、旅客案内上の混乱を招く可能性があったため便宜的に「長野新幹線」と案内するようになったらしい。

DSC02218.jpg

第18回冬季オリンピックの開催地となった経緯もあり、街には多くのビジネスホテルが軒を連ねている。今もまた冬のリゾート地の中心地として冬のシーズンには栄える街でもある。

DSC02219.jpg

長野県には青少年保護育成条例が定められていない事でも有名ではあるが、市町村単位でそれが定められているケースもある。この条例が件で定められるのも時間の問題であろう。

DSC02220.jpg

駅からすぐの裏通りに行けば、他の街と同じようにピンク色の誘惑は転がっているわけだ。風俗が不毛なわけでもなく、デリヘルなどもきちんと存在している。かつての教育県の面影も今ではなくなってしまったのかも知れない。