鶯谷

20090618_001.jpg

JR山手線・京浜東北線の鶯谷駅を中心とした地域になる。行政区分上では「鶯谷」という地名は存在しないらしい。駅の東側には東京有数のラブホテル街がある。要するに性風俗のメッカなのだ。

20090618_002.jpg

鶯谷の駅を降りてからの街並み。かの有名なソープ街吉原へ向かう待ち合わせの車も多く見受ける。東京に住んでいながらもこの街の存在を知らない人も少なくは無い。いわゆる裏風俗とはこのような場所に存在するのであろうか。

20090618_004.jpg

所狭しと建ち並ぶラブホテル。いわゆるデリバリーヘルスと言われる業態のお店もかなり存在すると言われている。東京の風俗を語る上ではずせない場所であることは間違いない。そこに足を踏み入れれば、その裏側も見ることができそうだ。

カテゴリー: 東京都, 鶯谷 | コメントをどうぞ

福生

DSC_0208.JPG

JR青梅線が走る総人口6万人、東京の西部に位置し在日米軍横田基地が市域の約3分の1を占める町だ。

DSC_0078.JPG

ベトナム戦争からサイゴンが陥落する昭和50年までは、米空軍の横田基地はかなりの人員を抱えていたらしい。その名残か町にもかつてのにぎやかさが残っているような気もする。

DSC_0079.JPG

福生不動尊。赤線地帯に隣接するこの不動尊には「だきつき柱」なるものがあるらしい・・。わざわざこの場所に誰が何の目的で作ったのかは謎である。

DSC_0084.JPG

昭和31年の売春防止法施行まで、許可された特別の地帯では売春が合法的に行われていたらしい。その地帯を地図上の赤い線で囲い管理していたためその地域を「赤線」と呼んでいたようだ。

DSC_0085.JPG

富士見通りと呼ばれる通りが通称「赤線」と呼ばれ、かつてはピンサロなどの風俗店が活発に活動していたらしい。

DSC_0098.JPG

今では風俗街の面影はあるものの、そのほとんどがパブやスナック、ライブハウスなどに姿を変え、新しい福生の風俗街として町の繁華街を形成しているらしい。

DSC_0102.JPG

テレビ等でも取り上げられたあいだやのわら納豆。国産大豆で手作りらしいです。こだわりの藁でつつまれた納豆が5個入って1000円らしいです。この値段を高いと思うか、安いと思うか。

DSC_0148.JPG

ここが16号線沿いにある米軍横田基地の入口。

DSC_0113.JPG

もちろん勝手に入ったら捕まります。どことなく沖縄のような佐世保のような雰囲気が漂っています。

DSC_0132.JPG

モデルガンショップ。米兵さんは基地の中でも鉄砲撃って、外でも撃ちたいんですかね?はたまた兵隊にあこがれた日本人が買っていくのか?まさかUSEDの鉄砲なんて売ってるワケがないですし・・・。

DSC_0144.JPG

佐世保のバーガーは有名ですが、福生バーガーです。福生市内でも何店舗かが販売しているみたいですが、それぞれのスタイルがあるみたいです。値段は800円~1200円くらいで結構高めですが、ボリュームは半端じゃないです。アメリカ人も納得?

DSC_0177.JPG

沖縄の基地内で誕生し、沖縄ではしか食べられない美味しいアイスということで、瞬く間に全国にその名をとどろかせたBLUE SEAL。2006年にフランチャイズ1号店としてここ東京・福生に誕生しました!