福原

神戸が誇るソープ街、全国的に有名な高級店がいくつもある。古くは平氏政権の福原京で知られる地名。
現在は兵庫県神戸市兵庫区福原町(ふくわらちょう)という地名があるが、福原町は明治以降に付けられた地名で福原京とは直接の関係はない。現在の福原町はソープランドが密集している地区として有名である。
長く福原には家具店が密集していたが、昨今のライフスタイルの変化や不況のあおりで廃業を余儀なくされる店舗が続出している。

明治元年(1868年)、現在の神戸駅付近で福原遊郭が開設。明治5年(1872年)、鉄道敷設により現在地の旧湊川右岸の福原町に移転。最盛期に貸座敷(妓楼)106件、娼妓903人、芸妓の検番(芸妓、料理屋を統括する場所)として大規模を誇った「共立検」には200人以上の芸妓がいた。しかし、神戸大空襲で焼失、戦後は赤線に移行、1958年の売春防止法で遊廓廃止。現在はソープランド等の性風俗店がひしめく歓楽街となった。[wiki]


大きな地図で見る

カテゴリー: 兵庫県, 福原

雄琴

橋本忍のカルト映画『幻の湖』の舞台ともなった雄琴温泉。琵琶湖のほとりにあるこのソープ街は大阪や京都から来る客が多い。
雄琴の駅からはだいぶ離れているが、駅から電話をすれば迎えに来てくれる。

昭和30年代以降に温泉街の南側に形成された風俗街(特殊浴場群。いわゆるソープランド街)は、神戸市福原と並ぶ関西屈指の風俗街として男性団体客の集客に一役買っていたが、一般の行楽・観光客誘致の障害となっていた。風俗街は雄琴港より南側のごく一部の地域であり、温泉街とは明確に線引きされ、一般客が宿泊・保養を楽しむ分には問題はない。また風俗街の特殊浴場に雄琴温泉の源泉は引かれておらず、温泉としての関連性はない。[wiki]


大きな地図で見る

金津園

岐阜駅から徒歩5分!技術と歴史を誇る色街

岐阜駅の目の前に広がるソープ街、金津園。昼間は廃墟のような雰囲気だが、夜になると煌煌と輝くネオンと愛知ナンバーの車で華やかな賑わいを見せる。
金津園が初めてなら、ソープ街のど真ん中にある喫茶店で情報を集めると良い。そこは団体客の待ち合わせ場所として使われているので、常に新鮮な情報が手に入る。マスターが紹介もしてくれるが、多少割高になるかも知れない。
金津園はソープ技術に定評があり、吉原の新人社員が研修に来るらしい。また、幻のスケベ椅子と呼ばれる、分娩台のような設備がある店もあり、古くからのソープ技が今も息づいている。

古くは1888年(明治21年)、稲葉郡上加納村字金津に開かれた、金津遊郭が始まりである。後に柳ヶ瀬の西柳ヶ瀬に移転する(当時58軒あったという)。太平洋戦争時、この地に軍需工場を建設するため岐阜市東中島付近に強制移転される。整然とした地割上に急造されたが、バラック造りの風情がないものだったという。戦後ここは、手力特殊喫茶街と呼ばれるようになる。
1950年(昭和25年)10月15日、当時の国鉄岐阜駅南口の紡績工場跡地に一斉移転。この時業者は60軒あり、場所取りはくじ引きの上決められたという。この時1軒あたりの広さは63坪にきっちりとわけられた(現在も各店の敷地面積がほぼ同じなのはこの名残)。その後赤線地帯を経て、ソープ街になったものである。[wiki]


大きな地図で見る

北銀座

駅を東口から出て、大宮銀座通りの北にある地域が、「北銀座(キタギン)」と呼ばれる地区である。大宮のソープ街。ちょうど大宮宮町郵便局の裏手あたり。

埼玉県道2号さいたま春日部線の陸橋大栄橋の北であり、銀座通りからは少し東へずれたところに北銀座通りの入り口がある(よく勘違いされるが、銀座通りから続く道は「平和通り」である。もっともどちらも風俗店につながっている)。[wiki]


大きな地図で見る

桜町

男の夢ゾーンは桜町一帯、郷愁を誘うザ・イバラギ!!

土浦市(つちうらし)は、茨城県の南部に位置する市であり、隣接するつくば市とともに国際会議観光都市(国際会議等の誘致の促進及び開催の円滑化等による国際観光の振興に関する法律」に基づき認定された都市)に、またつくば市及び牛久市とともに業務核都市(東京圏における超過密問題の解決を目的として、一極依存型の回避を目的に業務機能を柱とする諸機能の適正配置の受け皿となるべき都市として、指定された都市)指定されている。

その土浦駅から国道24号線を西へ少し向かい、通りから桜町を一本裏に入れば、そこが土浦の大人の街だ。

桜町二丁目は北関東最大の風俗街(ソープランド)となっている。桜町二丁目の風俗街の起源は、明治時代の花街であり、中城天満宮境内で毎年3月に開かれていた駒市でのウマの売却益を男性がここで散財したという。

桜堤の北西一帯は土浦の歓楽街で、かつて遊郭ではなかったが戦後は赤線地帯だったらしく、カフェー調の建築がまだ街並に残っているらしい。

 

大きな地図で見る